幼児がお金を稼ぐことに挑戦した日。《その5》

「稼ぐ」をやり抜いた幼児の感想。

たった一言でした。

「むずかしかった」

・・・シンプル。嬉しかったーとか、楽しかったーとか、そういう感じじゃなかったかー。

でも、もうちょっと詳しく知りたかったので、「どんなところが?」と聞いてみました。

「ありがとうとか、いらっしゃいませとか、たくさん話さなくちゃいけないところが。」

なるほど。そうだよね。


お金を数えるだけじゃない。
お客さんとの応答をするだけじゃない。
物品の受け渡しをするだけじゃない。

全部を一緒に処理していかなくちゃいけないし、
お客さんは常に一対一なわけでもない。

全部をその場に応じて、総合的にやらにゃならないわけで。

「お店を出す」って、すごく楽しそうだけど実際のところは、

スポーツや武道で言えば「試合」や「大会」に出ることに近い。
音楽やダンスの分野で言えば、「コンクール」や「コンテスト」。

娘にとってみれば、初めて経験した「本番」の世界。

そりゃあ難しかったよね。お疲れ様。

自分の力よりずっと上の仕事をこなし、幼児は燃え尽きた。

あれから娘は、ビーズアクセサリーキットには触っていません。

「アクセサリー可愛かったよー!」とか、


「また作って売ってほしいー!」という、

嬉しい言葉を聞いて、ニヤッとする表情を浮かべますが、まだまだ充電期間みたいです。

ダンボール工作
キララちゃん

売ることは考えず、ひたすら思いついたことを書いて、切って、貼って、形にする。

そういう世界に戻っていきました。

Follow me!